水素水を超える作用がある|大きなアンチエイジングの効果が期待できる水素水
レディ

大きなアンチエイジングの効果が期待できる水素水

水素水を超える作用がある

お風呂

細胞に水素を補給しよう

水素を細胞に取り込むことができる水素風呂は、10〜20分を目安に入浴しましょう。20分入浴すれば全身が温まり、血行も促進されるのでおすすめです。血行が悪くなるとむくみ・乳酸疲れの原因ともなりますから、毎日湯船に浸かる習慣を身につけてください。シャワーだけだと疲れが抜けにくく、血行も促進されにくいので毒素も溜まります。水素風呂で身体を温めるためには、ぬるま湯に浸かるのがコツであり、全身をくまなく温熱できます。熱いお風呂のほうが効果的と考える方は多いでしょうが、皮膚しか温まらないのであまり効果的とは言えません。何よりのぼせのリスクがあり、入浴するのが嫌いになっては元も子もないでしょう。ぬるま湯に10〜20分を目安とし、全身浴もしくは半身浴を行ってください。

水素水とどう違うのか

水素水も水素を取り入れるという目的は変わりありませんが、水素風呂のほうがより効率的に補給できます。浸かるだけの水素風呂よりも飲用する水素水のほうが吸収率は高いように思えるでしょうが、水素分子は細胞よりも小さいのです。ミトコンドリアに届くほど分子が小さいため、普通に入浴をしても細胞全体に水素が行き渡ってくれます。全身を活性酸素から守って、病気・肌トラブルを予防するなど健康・美容の両効果が期待できるわけです。水素は無色透明で副作用がないので安心であり、長期連用してもまったく問題ありません。手軽に水素風呂を楽しみたい方には足浴がおすすめで、20分を目安に行うとよいでしょう。足から全身に温浴作用が及び、体温を上昇させて免疫力も高めてくれるのです。